【2021年徹底比較】おすすめのWebライター講座8選|初心者、育児ママ、本気の人向けの選び方&評判も紹介

Webライターノウハウ

「Webライターをやってみたいけど、講座がありすぎて選べない…」

このように悩んでいる人へ向けて、本記事ではWebライター講座の選び方を、以下の5つの観点から解説します。

  1. 受講者のレベル別の講座
  2. 高速で文章力を上げたい人向けの講座
  3. 自分の都合や状況に合う講座形式
  4. オンライン型と対面型の講座
  5. 講座を選べない人は評判の確認

上記の5つの選び方に従って、本記事ではおすすめのWebライター講座を8選を紹介します。おすすめの講座の見出しだけ見れば、

「気軽に始めてみたい初心者向け」

「好きな時間に学びたい育児ママ向け」

「本気&高速で文章力を上げたい人向け」

などと記載しているので、ひと目で選べます。講座の選び方が分からない人は、検討材料としてご活用ください。

Contents

失敗するWebライター講座の選び方

失敗する選び方は、下記が挙げられます。

  • 謳っている収入額が多い講座を選ぶ
  • 受けている人が多い講座を選ぶ
  • 講師の実績のみ強調している講座を選ぶ

掲載している収入の値は、あくまで過去の最大値の事例のため、成果を保証しているわけではありません。

また受けている人数が多いと、それだけ全員に伝わりやすいノウハウ=差別化できない超基礎的なノウハウになるため、高度なノウハウを学べない可能性があります。

それと担当講師に目を惹く実績があっても、教え方が下手な可能性があるので、再現性がないこともあります。

そのため講座を受講して、ライバルとの差をつけたいのであれば、これら3つを参考にするのはやめましょう。

成果を出せるWebライター講座の選び方の5つのポイント

Webライター講座を選ぶ上での、5つのポイントを解説します。

  1. 未経験者は「総合型」、初心者は「特化型」の講座がおすすめ
  2. 高速で文章力を上げたい人は、最低3回以上添削してもらえる講座を選ぶ
  3. ガッツリ学習なら長期型、スマホ学習なら動画形式、ピンポイント学習なら単発型
  4. 9割以上はオンライン完結で学べるのがライター講座
  5. 評判を見てビフォーアフターを確認する

上記の要素を複数かけ合わせれば、記事の下部でおすすめの講座を選べるようにしています。そのため、自分に合う条件をしっかり把握しておきましょう。

①未経験者は「総合型」、初心者は「特化型」の講座がおすすめ

未経験者の場合は、専門用語や記事作成の進め方など総合的に広く浅く学習し、全体像を掴まないと、理解できず費用をムダにする可能性があります。もし、Webライターの向き不向きが気になるなら、総合的に学べる無料の講座や低価格の講座にするのがベストです。それにより、失敗のダメージを減らせます。

また短期間で効率的に学習したい意欲的な未経験者、もしくは2~3ヶ月以上の経験がある初心者は、特化型のWebライター講座がおすすめです。

特化型の講座では、高単価Webライターにとって必須のSEOライティングを学べるため、文字単価が3~5円程度までアップできます。

ただ特化型のデメリットとして、全体像を把握してないと未経験者にはハードルが高いかもしれません。しかし無料動画やネット検索をして、少しずつ理解しようとする意欲があれば、短い期間でステップアップできるのでおすすめです。

②高速で文章力を上げたい人は、最低3回以上添削してもらえる講座を選ぶ

もし高速で文章力を上げたいなら、最低3回以上添削してくれる講座を選びましょう。講座内での添削には、以下のメリットがあります。

  • アウトプットから理解度合いを確認できる
  • 自分の文章レベルを客観視できる
  • 自分の文章の悪いクセを知れる
  • 状況ごとでの伝え方のケーススタディを学べる

もし添削がなければ、学んだことをちゃんとアウトプットできているのか、あるいは自分の文章力のレベル感を判断できません。

ただ2021年7月現在、インプット量にのみフォーカスした講座が多く、3回以上の添削付きの講座は14講座中たったの2つほどでした。一般的な人の成長スピードを考えると、現実問題として3回未満の添削で学習するのは、ムリがあります。

したがって添削重視の講座の方が、実践向けの知識が学べてグンと成長できるので、高速で文章力を上げたい人は添削重視の講座を選びましょう。

③ガッツリ学習なら長期型、スマホ学習なら動画形式、ピンポイント学習なら単発型

講座の形式には以下の3つのパターンがあります。

もっとも敷居が低いのは動画ですが、「いつでも見れるから」と先延ばしにしてしまうデメリットがあります。そのため、意識が強い人じゃないと継続できない可能も…。

もし未経験者や初心者がガッツリ学びたいなら、講座は長期型が良いでしょう。なぜなら単発型や動画形式だと、講座終了後に自走できない人が多いからです。知らないことを学んで「勉強になった」と思っても、講座終了後にやってみると壁にぶつかる傾向があります。

よって講座終了後に自走したい人は、長期型の講座がおすすめです。

④9割以上はオンライン完結で学べるのがWebライター講座

Webライターはオンラインで仕事するので、SkypeやZoomのようなWeb会議ツール使ったオンライン完結型の講座が、9割を占めています。オンライン講座はどこでも受講できるため、会社から帰宅後に受けたい人や育児中の人、地方在住の人なども受講可能です。

反対に対面型は、対面で悩みを共有できるため仲間ができやすいこと、そして対面でPC操作を学びやすいメリットがあります。そのかわり交通費や時間の確保、人によっては宿代などの費用が必要になります。

よってオンライン型か対面型かを選ぶ際は、

  • 開催の日程
  • 自分のスケジュールの都合
  • 学習できる内容
  • 自分のPCスキル

以上を検討して、選ぶのがおすすめです。

⑤評判を見てビフォーアフターを確認する


ここまで講座の選び方を解説しても、中には選べない人もいるでしょう。そんな人は、評判を見て受講前にどのようなレベルだった人が、どのくらいのレベルまで成長できたかを確認すると良いでしょう。

かなり評判が良かったとしても、もともとレベルが高かった受講生の内容を真に受けて受講すると、講座選びに失敗しやすくなります。

ただし評判が掲載されている講座は少ないので、購入前に受講前と受講後の変化率(伸び率)を問い合わせするのも1つの方法です。

【気軽に始めてみたい未経験者~初心者向け】無料&有料でおすすめのWebライター講座3選

無料でおすすめのWebライター講座2選

紹介する無料のWebライター講座は動画で学べるので、Webライターに関する概要を知りたい人におすすめです。無料ですが動画の中身は実践的なので、動画を見て文章を書いてみると、疑似体験ができるでしょう。

【無料×個別&オンライングループ添削】ライターカレッジ

「ゼロから45日でプロのWebライター」が、キャッチコピーのライターカレッジ。

サイトを見ると非公開なことが多いですが、代表者のTwitterのプロフィールを見ると、卒業生が150名以上いるようです。また下記のツイートを見ると、再現性が高いカリキュラムであることが伺えます。

その他にも無料トライアルでも、個別&オンライングループ添削があるようですので、ライター未経験者のファーストステップにはピッタリです。

【講座の詳細】

添削 未公開
費用(税込み) 無料
期間 約1.5ヶ月(45日)

※ただし途中から費用が発生する可能性あり

講座内容 未公開

ライターカレッジの講座の詳細

【無料×総合型】Webライター入門講座(JMWA)

JMWAオンラインスクールの無料のWebライター講座です。1本5分前後の動画が計27本あり、以下の内容が学べます。

  • 在宅のWebライターと業界の問題点
  • 3種類のコンテンツの目的と役割
  • プロのリサーチ方法

基本的には動画形式で学ぶスタイルですが、講座の内容に関して質問があればサポートしてもらえます。また動画を見るだけならスマホだけで見れるので、PCがない人でも講座を受講できます。

【講座の詳細】

添削 なし
費用(税込み) 無料
期間 永久
講座内容 未公開

JMWAの講座の詳細

有料でおすすめのWebライター講座

【未経験者向けの総合型】たのまな WEBライティング講座

ヒューマンアカデミーが運営するWebライティング講座です。教材がすべて紙のテキストなので、PC操作が苦手な人でも始めやすい特徴があります。

他の講座との違いは、下記の通りです。

  • 質問は無制限
  • タイピング教本付き
  • WEBライティング実務士(資格)の獲得

質問無制限を謳っている講座は約4割ですが、この価格帯(約3万円)でできるのは非常に魅力的です。ただし文章力を向上させるというよりも、常識や知識の学習がメインの講座のため、文章力向上は期待できません。その代わりに、WEBライティング実務士(資格)の獲得をすることで、クラウドソーシング会社から好条件の執筆依頼や報酬UPなどの特典があります。

実際に評判を見てみると、本講座は初心者でもSEOについてカンタンに理解できるようです。

気になる方は講座の動画説明もご覧ください。

【講座の詳細】

添削 未公開
費用(税込み) 一括

32,000円

分割

初回 3,560円、2回目以降 月々3,300円×9回

期間 約6ヶ月
講座内容
  • クラウドクリエイターとは
  • 環境と管理
  • 個人情報の取扱い
  • 業務の進め方
  • WEBライティングとは
  • 文章のルールをおぼえよう
  • 書いてみよう
  • 文を整えよう
  • SEOとクラウドソーシング

たのまなの講座の詳細

【在宅で好きな時間に学びたい育児ママ向け】おすすめのWebライター講座3選

育児ママは子供を見ながらの学習になるので、おすすめのWebライター講座の条件は下記になります。

  • いつでも動画で学べ、何度でも見返せる
  • 長期間でゆったりと学べる
  • 講座終了後に収入を得やすい

上記の条件を満たした、コスパの良い講座やTwitterで評判の良い講座などを紹介します。

【取材ライター向け×特化型×動画形式】SHElikes

SHElikesは女性向けのキャリアスクールで、2017年4月~2020年3月までの調べで累計参加者2万人、さらに無料体験での参加者満足度も91%なので、講座への安心感が伺えます。

またSHElikesの講座は、自分らしい働き方から逆算してキャリア構築をするサポート付きで、ライティング以外にもデザインやマーケティングなど全部で24コースもあります。

実際に、講座の成果の度合いを伺える評判が見つかりました。

この女性のプロフィールを見ると、ライター志望とのことです。年齢を引け目に感じながらも、たった1ヶ月で成長を実感できたようです。これなら「自分でもできそう」と、気持ちをが前向きになりますね。

2人目の女性は、オンライン受講されているようで、家事の合間にも学習できている様子が伺えます。SHElikesでの講座の形式については、東京(青山・銀座)と名古屋のみ対面型ですが、オンラインでも全レッスン受け放題プランがあり、どこからでも受講可能です。

3人目の女性は、SHElikesの講座で自分の好きなことを再認識できたようです。SHElikesの講座では、自分らしい働き方から逆算してくれるサポート付きなので、新しい自分になれるきっかけになるかもしれません。

また他の講座と比較すると、SHElikesのライター講座には以下の強みがあります。

  • 憧れの人にインタビューして、記事作成の方法が学べる
  • 月1回のコーチングで一緒に目標達成を目指し、挫折させない仕組み
  • ライティングとの相乗効果の高い、デザインやマーケティングなども学べる

そのため憧れの人に取材してみたい人、幅広く学びたい学習意欲の強い人におすすめです。

無料体験レッスンを受けると、特典として初月無料&入会金3万円オフのチャンスがあるので、受けてみていかがでしょうか。

添削 未公開
費用(税別) 入学金 148,000円 

月額 12,334円~

期間 未公開
講座内容
  • ゼロから文章の書き方
  • 企画の方法
  • 取材の方法

SHElikeの講座の詳細

【コスパ重視の人向けの特化型】WEBライターdeおうちワーク認定講座

日本おうちワーク協会が主催するWebライター講座で、読書感想文しか文章を書いた経験がない人でも、月5万円を目指せます。

他の講座との違いは、下記の通りです。

  • 認定資格あり
  • 認定資格に合格後に案件の紹介あり
  • WordPressの操作方法を学べる

注目すべきは、WordPressの操作方法(ブログへのアップロード)を学べる点です。このスキルにより、クライアントの工数削減ができ、手っ取り早く単価アップできます。

しかしデメリットとして、1記事での添削メールは2往復までな点が挙げられます。対策として、ベター文章の書き方+そのように書く理由の2つを質問すると、たった2往復でも価値のある添削を受けられるでしょう。

さらに1~3ヶ月間学べて32,780円なので、コスパはとっても良いです。

また2021年の7月現在はキャンペーン中のため、1万円引きです。いつ終了するか分からないので、興味がある人は急ぎましょう。

【講座の詳細】

添削 未公開
費用(税込み) 32,780円
期間 1~3ヶ月間
講座内容
  • 文章作成の基礎
  • SEOライティング
  • WordPress
  • 受注力アップスキル

日本おうちワーク協会の講座の詳細

【未経験~初心者向けの総合型×動画形式】副業の学校 Webライター講座

副業の学校のWebライター講座は、120種類のコンテンツ量とテキスト&図解&動画での学習のしやすさが強みです。

ただし、インプット用のコンテンツが充実している一方で、添削を何回してもらえるかが不明でした。しかしサロンコミュニティがあり、先輩からもアドバイスがもらえるので、意識高めでコツコツ頑張りたい未経験者~初心者におすすめです。

【講座の詳細】

添削 未公開
費用 69,800円+月額2,980円
期間 永久
講座内容 未公開

副業の学校の講座の詳細

【本気&高速で文章力を上げたい人向け】添削重視型のWebライター講座2選

真剣度合いが高い人向けに、添削3回、添削無制限の講座を2つ紹介します。

どちらも特化型で、高単価案件(文字単価3円前後)の獲得を目標にしているため、あとは自分に合った添削の回数の講座を選ぶと良いでしょう。

【添削3回×特化型】WritingHacks

WritingHacksのWebライター講座は、添削3回&無制限質問サポート付きです。それ以外については、未公開が多い印象がありました。

Twitterで評判を探してみると、有益かつ分かりやすい講座であることが伺えます。

You TubeでWritingHacksの特徴を確認できますので、もし興味があればご覧ください。

【講座の詳細】

添削 3回
費用(税込み) 定価 69,800円
期間 永久
講座内容
  • クライアントから求められるライターとは?
  • 記事タイトルの付け方
  • リード文の書き方
  • 見出しの書き方
  • Webで文章を書くときに意識すること
  • SEO基礎&実践
  • 仕事の取り方単価交渉の仕方
  • リライト案件の受け方
  • 取材記事の執筆方法
  • 執筆を最速&高品質でこなす方法
  • 仕事の取れる「ソフトスキル」の高め方

WritingHacksの講座の詳細

【添削無制限×長期型×特化型】Writer GymのWebライター講座

Writer Gymは、本サイトが運営するWebライター講座で、月10万円を目指せるだけのWebライティングのスキルを、2ヶ月間で身につけることが講座のコンセプトです。

本講座の他の講座との違いは、下記の通りです。

  • 今だけ2ヶ月間、質問&添削無制限
  • 30日間の全額返金保証付き
  • 高単価案件の採用率を2倍以上にする、ポートフォリオ(自分の作品)作成
  • 2ヶ月間で1記事のみ作成の1記事入魂型なので、質重視で学べる
  • ただ国語的な視点で文章を読みやすくするのではなく、質を高くできる

本講座は、ただ情報をインプットしただけで終わりたくない人、本気度が高い人向けの講座です。

お客様の体験談はコチラから

【講座の詳細】

添削&質問 無制限
費用(税込み) 25万円(定価)→15万(モニター価格)

今だけ40%オフ

期間 2ヶ月間+1ヶ月のアフターサポート

(さらに延長も可)

講座内容
  • Webライターの前提知識と伝わる構成案の作り方
  • ネット検索をフル活用した記事作成の流れ
  • プロと素人を大きく分ける推敲の方法
  • 上位記事を分析してSEOに強い構成案を作る方法
  • SEOライティングより重要なキーワード選定&弱点克服の公開添削

Writer Gymの講座の詳細

まとめ

本記事では、2021年の最新版のWebライター講座を8選を徹底比較しました。最後に各講座を振り返ります。

気軽に始めてみたい未経験者~初心者向け 無料

  1. 【無料×個別&オンライングループ添削】ライターカレッジ
  2. 【無料×総合型】Webライター入門講座(JMWA)

有料

  1. 【未経験者向けの総合型】たのまな WEBライティング講座
在宅で好きな時間に学びたい育児ママ向け
  1. 【取材ライター向け×特化型×動画形式】SHElikes
  2. 【コスパ重視の人向けの特化型】WEBライターdeおうちワーク認定講座
  3. 【未経験~初心者向けの総合型×動画形式】副業の学校 Webライター講座
本気&高速で文章力を上げたい人向け
  1. 【添削3回×特化型】WritingHacks
  2. 【添削無制限×長期型×特化型】Writer GymのWebライター講座

もし悩むようでしたら、下記の項目を再確認するのがおすすめです。

  • 金額
  • 自分の状況(真剣度合い、育児ママ)
  • 内容(総合型、特化型)
  • 添削回数
  • 講座形式(ガッツリ学習 長期型、スマホ学習 動画形式、ピンポイント学習 単発型)