【最短1ヶ月】Webライター初心者の文章力向上|たった3つの方法で変わる

Webライター文章力向上の方法 Webライターノウハウ

「小学生の作文レベルで、自分で読み返してみても幼稚な文章…」

「クライアントに見せるのが不安…」

Webライターを始めたころは、誰しも1度は考えたことがありますよね?

このような状況からWebライターの文章力を向上させるために、

  1. 誰が読んでも伝わるシンプルな文章の執筆
  2. どんな文章の切り口が必要かを分析
  3. 上記2つを意識した写経

の3つ訓練が大事だと私は考えています。

①と②を頭に入れてから③の写経をすることで、1ヶ月で本質的な文章力の向上を期待できます。以下で詳しく解説します。

必要最低限の文章力とは誰にでも伝わるシンプルな文章を書く力

Webライターに最低限必要な文章力は、シンプルで分かりやすい文章を書ける力です。なぜなら忙しい現代、スキマ時間に知りたい内容だけをスマホで読むユーザーにとって、流し読みで理解できない文章だと読むのを中断されやすいからです。

たとえば雑誌の場合はお金を払って購入しているので、多少分かりにくくても時間をかけて読みますよね反対にWeb記事の場合、スキマ時間での流し読みして分かりにくければ、

「つまりどういうこと?」

「結局何をすればいいの?」

と悩み解決や願望を満たすことができず、すぐに「戻るボタン」を押しませんか?

このようにWeb記事は無料なのが原因で、しっかり読もうとする意識が弱く、ちょっとでも分かりにくいと最後まで読まれることはありません。

そのため戻るボタンを押さずに、知りたいことを分かりやすく伝えられる文章こそが、Webライターに求められる文章力です。そのため論文のような難しい文章は不要で、10人中10人にスッと伝わるLINEのようなシンプルな文章を書く力が、Webライターには必要です。

シンプルな文章力+ユーザーの知りたい内容の深堀りも必要

「それじゃあWebライターは、シンプルな文章を書ければそれだけでいいの?」

いいえ、ユーザーにとって必要な内容が、文章に含まれてなければ意味がありません。ただそのように聞くと、

「有益な情報が必要ってこと?」

「それじゃ私にはムリかも…」

と感じるかもしれません。ここでのユーザーにとって必要な内容とは、誰も知らないような有益な情報だけではありません。なぜならユーザーの検索の目的には、以下の3つがあるからです。

  1. 悩みや問題を解決したい
  2. 一般的にはどうなのか(基準)が知りたい
  3. 有益な情報が知りたい(検索キーワードによる)

③は検索キーワードによって異なりますが、一般的にWebライターが書くことの多い記事は、①と②です。この2つを満たすために、具体的かつ意思決定をしやすい記事を書ければOKです。

そのために、上位表示している記事からユーザーの知りたい内容を把握して、さらに深堀りすれば価値のある文章になります。

Webライター初心者向けの文章力向上の訓練方法

以下の3つを訓練することで、Webライター初心者でも文章力は向上します。

  1. シンプルな文章の書き方
  2. 上位記事の文章の切り口を分析
  3. 2つのポイントを意識して写経

①これで伝わる!シンプルな文章の書き方

シンプルな文章は以下の2つを意識できれば、書けるようになります。

  1. 文章の型(PREP法)
  2. 読みやすい文章に整える書き方

1.【結論&理由で短時間で納得させる文章の型】PREP法

WebライターはPREP法という文章の型に従って書くと、シンプルで伝わりやすい文章が書けます。具体的には、以下の順番で文章を書きます。

ユーザーは見出しを見る傾向が強く、気になった見出しでスライドを止めるので、付近の1行目に結論がないと読まれにくくなります。つまりPREP法で最初に結論を書くことで、悩み解決や願望を満たす方法をいち早く伝えられます。

そしてユーザーが結論のあとに知りたくなるのは、理由と具体例です。そのためPREP法を使えば、ユーザーが知りたい順番かつ、伝わりやすいシンプルな文章を書けます。

2.読みやすい文章に整える5つ書き方

次に読みやすい文章に整えるには、以下の5つの書き方に従って書きましょう。

  1. 1文を2行にまとめる
  2. ムダに長い文章表現(冗長表現)を減らす
  3. 不要な文章をなくす
  4. 箇条書きで整理する
  5. 指示代名詞を頻繁に使わない
2.1「結局何が言いたいんだろう」を防止!1文を2行でまとめる

自分で書いた文章を読み返したとき、「なんか分かりにくい文章だなぁ」と感じたことありませんかもしかしたら1文が長すぎる可能性があります。そんなときは1文を2行にすると、伝えたい内容がシンプルになります。なぜなら文字数が限定されるため、1文1テーマを強制的に行えるからです。

特に初心者が文章を書く、1文でたくさんの情報を詰め込もうとする傾向があり、結果的に伝わりにくい文章になります。したがって1文は2行以下、どうしても長くなるときは3行目の前半ほどを意識しましょう。

2.2その文章表現って本当に必要?ムダに長い文章表現(冗長表現)を減らす

ムダに長い文章表現(冗長表現)が多いと、ユーザーがすぐに読むことを中断するひとつの原因になります。たとえば、以下の1文目と2分目のどちらが読みやすいですか?

1文目

2文目

おそらく2文目だと思います。

ユーザーは、なるべく時間と労力を使わずに悩み解決や願望を満たしたいので、2文目のように短い文字数で伝わる文章を求めています。もしムダに長い文章表現が多いと、ユーザーは読むのが面倒になり、すぐに読むことを中断します。そのため極力減らしましよう。

2.3文字数稼ぎの文章はクライアントの信頼減!不要な文章をなくす

Webライターは文字単価で報酬を得るので、初心者ほど「文字数を増やしたい」と考え、不要な文章が多くなる場合が多いです。

不要な文章とは、

  • 重複している文章
  • なくても意味が伝わる文章
  • 不要な共感文(ただし女性向けや悩みが深いジャンルなどでは必要)

などが挙げられます。このような文章が多いと、クライアントからも案件をもらえなくなってしまいます。ですので文章を書き終えたら、「本当にこの文章が必要なのか?」を考えて見直しましょう。

2.4ユーザーのスクロールを止めて読ませる!3つ以上の名詞や具体例、要点を箇条書きで整理

たとえば文字がズラーッと書いていて、途中で箇条書きがあると、一瞬スライドをやめませんか?

ユーザーは大事なところだけ知りたいので、3つ以上の名詞や要点を箇条書きで整理すると、スクロールを止めてもらいやすくなります。それは箇条書きがあると、重要なことが端的に分かると、ユーザーが無意識に理解しているからだと私は考えています。

ただし箇条書きを使う際、なるべく文章の長さを短くして、1文ごとの長さを揃えましょう。そうすることで、ビジュアル的にもバランスが整って読みやすくなります。

2.5ユーザーが途中から読んでも理解できる!指示代名詞を頻繁に使わない

最後に、「その」や「この」などの指示代名詞の頻度を、極力減らしましょう。その理由は、指示代名詞が多いと指している名詞が分かりにくく、ユーザーに勘違いされやすくなるからです。他にも、ユーザーがたまたま気になってスライドを止めたときに、途中から読んでも理解できるメリットもあります。

ただし人によって、

「何度も主語や名詞を使っていいの?」

「幼稚な文章にならない?」

と疑問に思うかもしれません。その場合は主語の位置を最初ではなく後ろの方に置くことで、対処できます。

②ユーザーの求めている内容が分かる!上位記事の文章の切り口を分析

リサーチの際に上位記事の本文を見て、切り口を1文ずつ分析すると、ユーザーに求められている内容を把握できます。そして、上位記事よりも数字や事例などを交えて具体的に書くと、価値のある文章になります。

そもそも検索エンジンで上位表示されている記事は、ユーザーのニーズを比較的満たせているので、上位にあります。つまり上位記事の内容が、ユーザーの求めている内容である確率が高いです。

「ただ検索して調べても、ありきたりな文章になるけどいいの?」

と疑問に思うかもしれません。

もちろんオリジナリティの高い情報があれば、より差別化できます。しかし初心者のうちは、自分が知りたい内容=他のユーザーも知りたい内容と勘違いするケースが多いです。

そのため「渾身の記事を書けた」と思っても、あなたの主観で自己満足の記事を書いただけの可能性があります。それでは、いくらシンプルで伝わりやすい文章を書けても意味がありません。

ですので、上位記事の切り口を分析して具体化すれば、ユーザーの求めている文章を初心者でも書けるようになります。慣れてきたら、上位記事にないユーザーに役立つ切り口の内容をプラスすれば、より質が高くなります。

③最短1ヶ月で変わる!2つのポイントを意識して写経

短期間で文章力を大幅に向上させるなら、写経をがおすすめです。写経とは他人の文章を一言一句変えずに、そのまま書き写す作業のことです。

「でも書き写すだけでホントに効果あるの?」と疑問に思うかもしれません。

私は以下2つを意識して行うことおすすめします

  1. 読みやすい文章を写経しながら分析
  2. 写経しながら文章の切り口を分析

上記により、他人の記事を細かくモデリングでき、文章の細部にこだわって書けるようになります。

より効果を発揮するために、なるべく自分が得意なジャンルで書くことがポイントです。

以下で1つずつ解説します。

①ジャンル&記事別で書き方の違いを体感できる!読みやすい文章を写経しながら分析

「読みやすい文章に整える5つ書き方」で紹介した内容は超初心者向けで、そこからさらに良い文章にするには、いくつもポイントがあります。しかし、ただインプットしてもすぐに忘れて定着しません。

そのため、写経をして他人と自分の文章の書き方を比較して、違う部分を10個ほど探してみましょう。それにより、他人の良い文章の書き方を体感しやすくなります。たとえば、以下のような観点において、自分との文章の書き方の違いに気づくはずです。

  • 文章の構成
  • 改行の頻度
  • 読点(、)の位置
  • 1文の長さ
  • 接続詞、語尾のバリエーション
  • 分野ごとの漢字を使用する量
  • 表現の固さと柔らかさ

他にも記事やジャンルを変えて、写経してみましょう。そうすることで、ユーザーの性別による好みの文書や、ジャンル別で求められる文書など、記事ごとの変化に気づけるようになります。

このように分析を繰り返すことで、文章力の基礎が1ヶ月ほどでも向上します。

②価値の高い文章の素材が分かる!写経しながら文章の切り口を分析

どのような素材で文章が書かれているかを分析すると、ほとんどが以下の4つに該当します。

  1. 主観的な素材
  2. 客観的な素材
  3. 感情的な素材
  4. 理屈的な素材

以上の素材をさらに細かく分析することで、自分が文章を書くときに、どのような素材で書くべきかが見えてきます。それにより記事ごとに必要な内容を盛り込め、価値の高い文章作成ができるようになります。

1ヶ月で文章力を向上するにはシンプルな文章&内容の深堀り&写経の3つ

今回紹介した3つを意識することで、最短だと1ヶ月で月5万円くらい稼げる文章力が身につきます。

もっと継続すると、文章力を本質的に向上できるので、中級者以上の文章力が手に入ります。

もし3つの方法で文章力が向上しない場合、そもそも文章を書く経験が少ない可能性があります。特に写経は自分と他人の文章を比較する必要があるので、経験少なければ違いに気づけない可能性があります。

そんな人は、ブログ記事や案件を受注して5記事くらい書いてから、再度行ってみましょう。