やる気と作業効率を3倍に!?もくもく会はWebライターの強い味方

Webライターノウハウ

「集中できなくて作業が進まない…」

頭ではやらなきゃと思っていても、こう感じることはありませんか?

私の場合、よくあります。

でも作業が捗らないのはやる気のせいだけではなく、

  • ストレスがたまっている
  • 目の前の作業でつまづいている
  • 目標を設定してない
  • 悩んでいる時間が長い

などが原因の場合もあります。それを全部1度に解決できるのが、もくもく会です。もくもく会とは、オンライン上で複数人で行う作業会のことです。

本記事では、もくもく会がおすすめな人、もくもく会で作業効率を3倍に倍増させる2つのポイントを解説します。最近作業に集中できないと悩む方は、もくもく会を試してみてください。

やる気と作業効率を改善する「もくもく会」の手順

そもそももくもく会とは、SkypeやZoomのなどのツールを使って、オンライン上で行う作業会のことです。やる気と作業効率を改善するもくもく会の手順は、以下の通りです。

【もくもく会の手順】

  1. 近況報告&悩み相談
  2. タスクの目標宣言
  3. 30分間の作業
  4. 雑談や悩み相談をしながら10分休憩

最後まで通して作業をしたら②~④を繰り返して、計120分間行います。作業自体は、お互い別々のことをしてOKです。

参加中に他の参加者のタイピング音を聞くと、「自分もやらなきゃ」とちょっぴり焦りの気持ちになり、強制的に集中力を高められます。

ただ人によって集中できる時間の長さが異なりますので、30分が短ければ45分や60分で設定しても問題ありません。

こんな3パターンの人にもくもく会はおすすめ

もくもく会がおすすめな人と、効果的に行うためのプラスαを以下にまとめました。

その他にも、休憩時間に添削してもらえたり、競合の記事との差別化に必要な1次情報を得られたりするメリットも。

もくもく会を実際にやってみたO.Yさんから頂いたメリットと感想

もくもく会を実際に体感された、O.Yさんから感じたメリットと感想をいただきました。

【もくもく会をやるメリット】

  • 目標宣言により、時間内に作業を終わらせる気持ちが強くなる
  • ネットサーフィンをしなくなり、雑念もなくなって作業に集中できる
  • 開始前や休憩時間を雑談できるので、頭をリフレッシュできる
  • 雑談の中に有益な情報を共有しあえる

【感想】
1人でやるより断然、作業に集中できました。特に人を巻き込む事によって、強制的に作業環境を作れる点が大きなメリットだと感じました。今後も限られた時間の中で集中して作業するために、もくもく会を継続していきたいと思いました。

もくもく会で作業効率を3倍に倍増させる2つのポイント

集中力を倍増させる必要なポイントは、以下の2つです。

  1. 30分以内に進める定量的な目標を宣言する
  2. タイマーを15分×2回でセットする

定量的な目標宣言をすることで、脳に適度な負荷がかかる作業環境を強制的に作れます。また作業時間を測る機会にもなり、案件を受けるか判断するときのスケジュール管理用のデータとして、活用もできます。

それと15分のタイマーをセットすることで、無意識に悩んでいる時間をさらに減らせます。特に悩みやすい作業をやるときにおすすめです。

①集中力を最大限に高める!30分以内に進める定量的な目標を宣言する

1つ目のポイントとして、30分以内に進める定量的な目標の宣言をしましょう。

具体的な目標の例は、

  • 30分で〇〇の記事を1000文字書く
  • 構成案の1/2を終わらせる
  • 記事の1/2のリサーチを終わらせる

このように目標宣言をすることで、自分の1時間あたりの作業量が見えてきて、

  • 3000文字の記事に〇〇時間がかかる
  • 1時間で〇〇文字かける

などのように自分の作業量を客観視でき、案件管理に役立てられます。

②無意識に悩んでいる時間を減らせる!タイマーを15分×2回でセットする

2つ目のポイントは、15分を2回に分けてみることです。時間をあえて15分ごとに区切ることで、悩んでいる時間を減らせます。もしかしたら、ピンと来ない人もいるかもしれませんね。そんな方は、学生時代の試験を想像してみてください。

テスト中に1つの問題に悩み、時計を見たら「ヤバい、もうこんな時間か」と、焦ったことはありませんか?人は分からない問題に直面すると、1つの問題に対して無意識に多くの時間を使う傾向があります。

そのため15分ごとに区切ることで、その無意識に悩んでいる時間を減らせます。

「最近作業が進まない」と感じたらもくもく会がおすすめ


やる気が出ない人や作業を効率したい人は、もくもく会に以下を取り入れましょう。

  • 30分以内にこなせる定量的な目的を宣言する
  • タイマーを15分×2回でセットする